結婚式で着る着物コーディネート

花嫁が神前結婚式で着る着物といえば白無垢が一般的ですが、コーディネートによって様々な雰囲気に変えることが出来ます。綿帽子は古典的な白い無地の他、華やかな地模様の入ったタイプや透けるレース、花の色刺繍が入った物など好みに合わせて選ぶことが出来ます。大振りなカサブランカや白い胡蝶蘭などを髪いっぱいに飾り、綿帽子に見立てたヘアコーディネートも人気です。結婚式で着た白無垢の小物を変えるだけで披露宴用にすることも可能です。かんざしは式では鼈甲などを使いますが披露宴では花かんざしに変え、半襟や帯揚げなどの小物をかんざしに合わせた華やかな色に変えると一気に披露宴の雰囲気になります。

着物を着て参列しよう

結婚式に招待された時はぜひ着物を着て参列すると良いでしょう。和装はその場を明るく華やかにしつつ、格調の高さも醸し出すことができるためおすすめです。そのとき注意したいのは、自分が未婚であるか既婚であるかによって最適な種類が異なるということです。普段から和装に親しんでいる人にとっては基本的なマナーですが、結婚式に初めて和装をするというような初心者の場合は振袖や留袖など、着物の種類についてよく学んでおきましょう。遠方から参列する場合には、式場で着替えが出来るかも事前に確認しておくと安心です。年齢を問わず誰にでも似合うため、参列時には大変おすすめです。

↑PAGE TOP

Copyright © 結婚式の着物コーデについて All rights reserved